死亡前後に実践できる節税対策

相続税節税方法は主に死亡前に実践できることが大部分だ。 だが、あらかじめ準備する前に、不幸にも突然の死を迎えた場合はどのようにしなければならないだろうか? 死亡前後に直ちに実践できる相続税節税要領に対して調べてみよう。

(1)死亡直前の無理な現金引き出しをしてはいけない

死亡直前に現金をあらかじめどの程度引き出しておいた方が良いだろうか? 相続税最高税率50%として勘案すれば1000万円をあらかじめ引き出して他の人名義で変えておいた時には500万円の税金が減る。 それを考えると、現金引き出し方法に相当な誘惑を感じることができる。 もちろん葬儀費用でも残った家族の生計費名目である程度現金を引き出しておく必要はある。 だが、現金引き出しがとても行き過ぎれば問題になる。

例えば被相続人が口座で引き出した金額が相続開始日前1年以内に1000万、や2年以内に2000万など、過去三年間に渡っては、その用途が客観的に明白でない場合にはこれを相続人が相続受けた財産と見なして相続税を課せられてしまう したがって相続に差し迫って巨額を一度に引き出す方法は節税に役に立たない。過去3年分は贈与で処理していたとしても、相続のタイミングで相続として処理しなければならない。

(2)被相続人の医療費は被相続人負担で処理する

被相続人の病院費を誰が負担するかによっても相続財産が変わって相続税に差がでる。すなわち、被相続人が医療費を出す場合、相続財産でかかった医療費が差し引きされるので相続税が節減されるのに対して、相続人が医療費を支給する場合、相続財産で医療費が差し引きされなくて相続税削減効果がない。 したがって必ず被相続人のクレジットカードまたは、預金で医療費を支払うようにしなければならない。

(3)葬儀費領収書をよく取りまとめておく

被相続人が死亡した時から葬儀日まで葬儀を行うのに直接必要とされた費用は相続財産で控除される。 葬儀にかかった費用は相続税の課税対象から控除できるので利用しよう。