高齢化時代の新しい相続の形 事前準備の大切さ

富は三代まで・・・この言葉を見ると、相続が成功裏になされる場合が大変少ない。 米国で多くの財産を相続した3,250世帯をインタビューした結果70%が失敗を経験したことが分かった。

マサチューセッツ技術研究所とエコノミストは‘財産相続の70%は失敗’という世界的な現状を発表している。 すなわち世界どこの国でも東洋と西洋を問わず相続の失敗率が70%に達するという事実は変わりなしに同一だったとのことだ。 遠くへ行くこともなしで私たちの社会でも両親の財産を置いて兄弟間に紛争が広がって結局予期できない事態に駆け上がることになった場合を新聞社会面を通じしばしば見ることができる。

したがってどのように賢明に残して離れるかという相続問題は引退設計にあって大変重要な部分だ。 特に非上場企業や個人企業を経営する最高経営者の場合、財産だけでなく事業の継承まで決めなければならない課題を抱えている場合は特にだ。 米国の研究資料によれば相続の失敗率が高い理由で最初に、家族間の信頼が不足したところで始まった‘対話の断絶’が挙げられた。 両親の相続計画や資産規模などに対する話を互いに語らなかった状態で突然相続がなされる場合が多い。 調査に参加したある両親は“もし私が子供たちに話すならばその子たちは全部私が死ぬことを願っていて私が死んだらお金欲だけ働かせるだろう”と話した。

二番目に、相続受けることになる子供たちの‘準備不足’だ。 多くの子供たちが両親が死んだ後弁護士が遺言状を読む時に自身の役割を知るようになる。 子供たちはその時初めて財産相続に対する方法を習うために努力して数年を送るがそれさえも誤った助言で多くの失敗を犯すことになるということだ。