相続と贈与の違いには注意してください。

相続は死亡した人(被相続人)の財産に関する権利と義務を相続人が包括的に受け継ぐことをいう。 相続税の核心は死亡した被相続人のすべての資産を合算して税金を計算する遺産税方法を取るということだ。

反面贈与は生前に財産を代価なしで無償で他の人に与えることをいう。 贈与税は受贈者(財産を贈与してもらう人)を基準として税金を賦課する遺産取得税方法を取る。 すなわち、受贈者が納付義務者になることだ。 一方相続税は被相続人が死亡する時保有したすべての資産を合算して課税するが、現生最高税率が50%だと見ると高額資産家の場合、自身が死亡した後発生する相続税を心配せざるをえない。

したがって資産の一部を事前に配偶者や子供に贈与することによって相続発生時相続価額に含まれる資産を減らす、すなわち相続税を減らす方法を考えてみなければならない。 ただし相続税と贈与税の税率は同一だが、課税する方法が違うので同じ資産規模といっても実際出さなければならない税金には差がある。